FC.VIC 公式サイト

146件中 36〜40件を表示しています。

山田君が映画なら僕は本だ。  犬

あけましておめでとうございます。
28日から5日までひたすらExcelとWordをちこちこやってました。まいころそふとほんとやだ。

ということでもんもんと読書欲がたまったので、今日はたくさん本を買いました。

・AXIS
・ブラックジャック9〜12巻
・龍臥亭事件 島田荘司
・最後のディナー 島田荘司
・ロシア幽霊軍艦事件 島田荘司
・火の粉 雫井 脩介
・増量・誰も知らない名言集 リリー・フランキー
・うしおととら文庫版4巻

AXISはデザインの雑誌です。ブラックジャックはぶくおふで購入。店員が走るのと叫ぶのだけはやめてほしい。島田荘司は最近ほとんど読みました。今占星術殺人事件を読み直しているところ。六星占術と占星術って違うのかね?火の粉は著者の雫井って名前が珍しいので買いました。面白いかどうか…。増量・誰も知らない名言集は侮・ェうけたから。リリー・フランキーが地味に好きです。うしおととらは青春ぷれいばっく。3巻でふすまを退治しました(2巻だっけか)。んでもってかまいたちとカラみました。ちなみに僕がコミックスをリアルタイムで買う漫画はジャガーさんと浅田寅ヲのみです。れびゅーしてみたい。
 2005/01/07 (Fri) 02:06
コメントを書く

わたし、なにげに乾燥肌です   犬

こんばんわ。今年はひとりです。
元旦付で論文データを研究室のボスに送らなければならないため、年越し徹夜となりそうです。論文をナメてました。
それではみなさんまた来年。
 2004/12/31 (Fri) 21:07
コメントを書く

師走だぁな   犬

本日は大学のお仕事。駿河台でシンポジウムの会場設営でした。帰りに新宿の紀伊国屋で本を買って出ると、高島屋のイルミネーション目当ての人々の群れが。流されてるなぁ…
最近電化製品の裏とかにだいたいついているCEってマークがなんなんか気になって気になって仕方がなかったんですがやっとこわかりました。企業かと思ってた。ちなみに稲川淳二はインダストリアルデザイナーだったらしいです。

[なんとなく犬のおすすめ]
「御手洗潔の挨拶」「御手洗潔のダンス」
島田荘司は短編集のほうがテンポ良くて読みやすいです。でもコレ中編だよね。

「ブラックジャック」
手塚治虫の医療漫画。僕の左足に素敵な手術痕ができたので読み始めました。

「premini」
圧倒的な小ささで使いづらさも電波の切れ具合もどうでもよくなっちまう感じです。でも今更vodafoneのNOKIAとMOTOROLAが気になります。

「防沫スピーカー・アンプ付」
大の大人がこんなの製品化するなんてすげえ国だなと思いました。三ヶ月前に購入。

「山本梓」
建築学科の学生は模型写真や敷地の写真を撮るために高解像度のデジカメをよく携帯します。僕の所属する研究室の4年生が山本梓と同窓らしく、本日同窓会で呑みにいっているらしいです。撮ってこい。
 2004/12/11 (Sat) 23:06
コメントを書く

山本梓   犬

「異邦の騎士」を読みました。
「俺」が誰だかは最初にわかりましたが、
例のごとく事件の真相は見抜けませんでした。
 2004/12/08 (Wed) 00:30
コメントを書く

あぁうんこしたい  犬

生まれてはぢめてノベルスを買ってしまった。
ノベルスとはB6判よりも小さい40判(B全判から片面40ページとれる大きさ)の「新書」というサイズで各出版社から出される小説のことで、僕はその形態が大嫌いなのです。その理由は、
・背侮・ェださい
・侮・ェださい
・ついでに裏侮・烽セさい
・カッパがださい(光文社)
・犬がださい(講談社)
・著者近影がださい
・文章の二段組が気に食わない
などがあります。特に二段組はむちゃくちゃ読みづらく、出版社に騙されてるんじゃないかと思えるくらい読みづらいです。
うそつきました。島田荘司編纂の「21世紀本格」だけ買ったことあるわ。
そんなわけでノベルス嫌いに拍車がかかりたとえどんな新作が出てもノベルスだけは買わねえぜキタキマユよと息巻いていた僕ですが、なんとなく禁を破りたかったのとノベルスのデザイン面での画期的な変化があったため、今回は森博嗣の「ZOKU」と「Φは壊れたね」を買っちまいました。前者の装丁は圧巻で極めてミニマル。デザイナーを見てみたら原研哉でした。この人は無印の広告やら長野オリンピック開会式プログラムのデザインやら松屋銀座のデザインやらでちょっと有名な人で素敵です。後者は単純に新シリーズがどうなっとるか知りたかったのと文章が二段組ではないことが理由です。西之園萌絵と犀川先生が完全に脇役で、新シリーズなんだなぁと思った次第。なんだかんだでジャケ買いならぬ装丁買いが多い今日この頃です。
ちなみに4年前に「占星術殺人事件」を読んで以来止まっていた島田荘司を今年に入ってから「透明人間の納屋」「ポルシェ911の誘惑」「殺人ダイヤルを捜せ」「火刑都市」「島田荘司読本」「眩暈」「暗闇坂の人喰いの木」「斜め屋敷の犯罪」「本格ミステリー宣言」と九冊読んでおり、御手洗潔って榎木津っぽくて石岡君って関口君ぽいなと感じている次第。南波杏とどうにかなれねぇかな。
 2004/12/02 (Thu) 00:15
コメントを書く